Blog&column
ブログ・コラム

リバースエンジニアリングとは?

query_builder 2021/10/22
コラム
24
専門用語には横文字が多く使われており、聞いただけでは何のことかよく分からないものがたくさんありますよね。
今回は、そんな中からリバースエンジニアリングについてご紹介します。

リバースエンジニアリングの意味と用途
リバースエンジニアリングとはどういう意味で、何の用途があるのでしょうか。

リバースエンジニアリングの意味
リバースエンジニアリング」と言われる際の「エンジニアリング」とは、人の生活に役立つようなものを作る技術のことで、主に科学を応用して作り出されています。
一方「リバース」とは英語で言うところの「反対向き、逆向き」という意味です。
つまり、物を作り出すエンジニアリングの逆の作業が「リバースエンジニアリング」となります。

リバースエンジニアリングを行う理由
リバースエンジニアリングではすでに出来上がっているものを分解しますが、その理由は、分解することによって中身がどうなっているかがわかるからです。
リバースエンジニアリングを行うのは主に他社製品であり、どんな材質を使っているのか、構造や仕様といった技術面の情報も抜き出すことができます。

リバースエンジニアリングは違法ではない
他社の製品を分解し、その構造を知って自社製品に役立てるのがリバースエンジニアリングの目的ですが、違法ではありません。
情報収集の手段の1つとして、法律において認められています。
さまざまな会社が切磋琢磨してより良い製品を世に送り出すことが、リバースエンジニアリングの意義と言えますね。

▼まとめ
性能の良い品がさらに高性能になって世に送り出されてくるのは、出来上がったものを分解するリバースエンジニアリングによるものだとわかりました。
弊社は30年にわたり、多くの機械の製図を手掛けてきた実績があります。
弊社の確かな製図技術を、リバースエンジニアリングにもお役立てください。

NEW

  • アフターパーツのメリットとは?

    query_builder 2021/11/22
  • ベンチマーク制度で必要な手続きとは?

    query_builder 2021/11/15
  • ベンチマークとは?

    query_builder 2021/11/08

CATEGORY

ARCHIVE