Blog&column
ブログ・コラム

アフターパーツのメリットとは?

query_builder 2021/11/22
コラム
28
アフターパーツを日本語に置き換えると「後の部品」という意味合いになりますが、何かメリットはあるのでしょうか。
今回は、アフターパーツの意味とメリットについてご紹介します。

▼アフターパーツの意味とメリット
アフターパーツは主に自動車やバイクに使われる用語で、特有のメリットがあります。

■アフターパーツの意味
アフターパーツとは、純正部品に代わって使用されるパーツを意味する言葉です。
一定の年数を経た自動車やバイクはモデルチェンジされ、純正部品も作られなくなります。
したがって、故障した際に純正部品の代わりに使うのがアフターパーツというわけです。

■アフターパーツを使うメリット
自動車やバイクは一定年数を経過すると、安全面における不安要素が増えてきます。
そのため、より安全で優れた自動車やバイクにするため、メーカーが定期的に行うのがモデルチェンジです。
しかし、買ってすぐにモデルチェンジされた場合、純正部品の製造が打ち切られても、まだまだ乗れる可能性があります。
その場合は、アフターパーツを使うことによって、故障修理に対応できるのがメリットです。

■こだわりの愛車に長く乗れる
きちんと手入れをすれば、中には20年以上にわたって長く乗り続けられる車やバイクもあります。
ただし、純正部品はとうに生産を終えていますので、そんな時こそアフターパーツが役に立つでしょう。
アフターパーツがあればこだわりの愛車を手放すことなく、長く乗り続けられるのは嬉しいメリットですね。

▼まとめ
アフターパーツとは、純正部品の生産が終わった場合に、代わりに使える部品のことです。
大切な愛車を長く使いたい方にとって、アフターパーツは非常に大きなメリットがありますね。
弊社はさまざまな機械設計を手掛けておりますので、自動車やバイクの設計につきましても、お気軽にお問い合わせください。

NEW

  • アフターパーツのメリットとは?

    query_builder 2021/11/22
  • ベンチマーク制度で必要な手続きとは?

    query_builder 2021/11/15
  • ベンチマークとは?

    query_builder 2021/11/08

CATEGORY

ARCHIVE